>

クラウドを利用したときのデメリット

一番のデメリットはネット利用

クラウドを利用する事を考えると必須事項がネット環境です。
これがないと仕事ができませんからインターネットが繋がっている状態でしか仕事ができない事になります。
スタートラインに立つためにネット環境をまず整える事から始めなければなりませんから、ネット環境がまだ整っていないという方にとっては敷居の高い働き方とも言えます。
そして、ネットを介しているという事はセキュリティリスクも存在しているという事になります。
ウィルスなどによる脅威があることはネットを利用されている方なら十分に承知の事と思います。
このようなリスクがあるという事は頭の片隅に入れた状態でお仕事に利用することをお勧めします。
そのような脅威にネット環境がさらされた場合の対処方法もしっかりした状態でお仕事にかかりましょう。

ネット環境に何かあると仕事が止まります

ご利用のネット環境に何らかの障害が発生したときには復旧するまでに時間がかかります。
その間お仕事がストップしてしまうことになりますのでご注意ください。
筆者も何度かPCを新しくしたときに使い方がよく理解できておらず、作業が滞ってしまった事があります。
不可抗力だったとしても、やはり相手先にはご迷惑が掛かっていますので顔の見えない状態での仕事を受注されている方にとってはとても不安な時間となります。
筆者も顔が見えない自分の顔も見えていない状態でのお仕事にいくばくかの不安がある為、頻繁に連絡を入れるよう心がけてはいるものの、あまりにも回数が多く逆にご迷惑をかけているのではないかといろいろ考えてしまいます。